MDP
 
トップへ

My Desktop Portal system /
Q&A


◆Webソフトについて:
・マイデスクトップポータルシステムはマイクロソフト社Windows Internet Explorerを推奨致します


注意事項/2:フリーのウイルスソフトをご利用の皆様へ

マイデスクトップポータルシステムはマイクロソフト社純正の無料セキュリティソフトを推奨致します。
ダウンロードの注意点としましてダウンロードボタンの下にあります言語の選択をまずクリックして先へお進み下さい。
※日本語を選択/ご利用のパソコンのOS及び32bitまたは64bitの選択後ダウンロードしてください。


Microsoft Security Essentials: http://www.microsoft.com/security_essentials/?mkt=ja-jp

◆USBアクセスキーログインシステムをご利用の方へ

ログインについて
 qログイン画面が表示されない
 qパスワードが無効になる
 qログインすると「このWebサイトの…」証明書エラーが表示される
 qログインできない

セキュリティソフトについて
 qセキュリティソフトのファイアウォールを無効にするには


  sNorton360の場合
  sNorton Internet Security2007/2008の場合
  sNorton Internet Security2009の場合
  sウイルスバスター2007/2008の場合
  sウイルスバスター2009の場合
  sウイルスバスター2011は只今、検証中!


パスワードについて
 qログインパスワードを変更するには

USBアクセスキーについて
 q保存領域(REMOVABLE領域)について
 qUSBの取り外しができない場合

ログインについて

que
 ・ログイン画面が表示されない
ans
 ■MDPの動作環境を確認して下さい。
  OS:Windows XP以降
  ブラウザ:Internet Explorer6.0以降

 
インターネットに接続していますか?
  sインターネットに接続して下さい。

 ■サーバーメンテナンス中ではありませんか?
  sメンテナンスが終了してから改めてログインして下さい


que
 ・パスワードが無効になる
ans
 ■パスワード入力は「半角英数字」です。また、大文字・小文字もご確認下さい


que
 ・ログインすると「このWebサイトのセキュリティ証明書には問題があります」と表示される
ans

 ※画面はWindows Vistaでの表示です。

▲ページTOPへ


1.セキュリティ証明書にエラーが出たらサイトの閲覧を続行する
 6

2.ポップアップブロックが出たら、情報バー上で右クリックしてポップアップを常に許可を選択する。
 8

  10

 ご連絡

  このセキュリティ証明書エラーが表示されるUSBアクセスキーをお持ちの方はこちらにご連絡下さい。

  helpdesk@mdpnet.co.jp (担当:山田)まで。

  USBアクセスキーを再登録することで表示されなくなります。


▲ページTOPへ


que
 ・ログインできない
ans
 ■複数のウイルスソフトがインストールされていませんか?
  s[コントロールパネル]の[プログラムと機能]を開き、1つを残し他はアンインストールして下さい。

 ■Windowsファイアウォールと市販セキュリティソフトのファイアウォールの両方が有効になっていませんか?
  sパソコンが正しく機能しませんので、どちらか一方を無効にして下さい。
   市販のセキュリティソフトをご使用になる場合はWindowsに基本設定されているファイアウォール設定を無効にして下さい。


 ◆それでも改善されない場合
 ※ポップアップブロックやセキュリティソフトでMDPのサイトが許可されている場合は、全て削除して下さい。
 ※[インターネットオプション]の[全般]のタブにある[閲覧の履歴]を削除し、PCを再起動しておいて下さい。

 ■ポップアップブロックを有効にする
 ※画面はWindows Vistaでの表示です。

 ※起動している他のソフトはすべて終了して下さい。

1.[ツール]→[ポップアップブロック]→[ポップアップブロックの設定]の順にクリックする。
 1-1

2.[許可されたサイト]一覧にないことを確認する。一覧に[133.5.242.127]がある場合は[削除]して下さい。
 7

3.[インターネットオプション]の[全般]のタブにある[閲覧の履歴]を削除し、PCを再起動してから再びログインする。
 9

4.ポップアップブロックが出たら、情報バー上で右クリックして[このサイトのポップアップを常に許可]を選択する。

 
■サイトを許可する
 ※画面はWindows Vistaでの表示です。
 ※起動している他のソフトはすべて終了して下さい。


1.[ツール]→[インターネットオプション]をクリックする
 11

2.[セキュリティ]のタブをクリックし[信頼済みサイト]→[サイト]の順にクリックする。
 13

3.アドレス[https://133.5.242.127]を入力し[追加]する。
 15

4.[Webサイト]一覧にアドレスが追加されたことを確認する。
 17

5.[信頼済みサイト]の保護モード有効のチェックは外す。
 19

6.[インターネットオプション]の[全般]のタブにある[閲覧の履歴]を削除し、PCを再起動してから再びログインする。

 ■ウイルスセキュリティソフトを一旦無効にしてみる
  sファイアウォールを無効にすることでログインできることがあります。→セキュリティソフトについて

 ■セキュリティのレベルを下げる

  s[インターネットオプション]の[セキュリティ]タブにあるセキュリティのレベルを下げる。


▲ページTOPへ

◆セキュリティソフトについて

que
 ・ファイアウォール機能を一時的に無効にするには?
ans
  【Norton360の場合】

 ※ファイアウォールを有効にすることで、ご利用のパソコンをウイルス感染から保護できます。

 ※MDPのログインが完了したら再度有効にしてください。


 ※ポップアップブロックやセキュリティでMDPのサイトが許可されている場合は、全て削除して下さい。

 ※[インターネットオプション]の[全般]にある[閲覧の履歴]を削除し、PCを再起動しておいて下さい。

1.画面右下に表示されるNorton360のアイコンを右クリックし、[タスクと設定のウィンドウを開く]をクリックします。
  22

2.[拡張設定の変更]をクリックします。
  23

▲ページTOPへ

3.[ファイアウォール保護の設定]をクリックします。
 25

4.[ファイアウォール]の[オフ]をクリックし[適用]をクリックします。
 27

5.ファイアウォールをオフにする期間をプルダウンメニューから選択し(例.1時間)、[OK]をクリックします。
 29

6.ファイアウォール機能を有効にするには、「オフにする」際に選択した期間の経過を待つか、
 上記と同様の手順でファイアウォール設定の画面を開き[オン]を選択します。


 ※設定方法に関する詳細なご質問はシマンテックにお問い合せ下さい。


▲ページTOPへ


Norton Internet Security2007/2008の場合】

 ※画面はNorton Internet Security2008ですが操作は同じです。

 ※ファイアウォールを有効にすることで、ご利用のパソコンをウイルス感染から保護できます。

 ※MDPのログインが完了したら再度有効にしてください。


 ※ポップアップブロックやセキュリティでMDPのサイトが許可されている場合は、全て削除して下さい。

 ※[インターネットオプション]の[全般]にある[閲覧の履歴]を削除し、PCを再起動しておいて下さい


1.画面右下に表示されるNorton Internet Security2008アイコンを右クリック、
 [Norton Protection Centerを開く]をクリック。

 31

2.[Norton Internet Security]タブを選択します。
 32

3.[設定]を選択します。
 33

4.[Webセキュリティ]を選択します。
 34

5.[ファイアウォール]を選択します。
 35

6.[オフにする]を選択します。
 36

7.ファイアウォールをオフにする期間をプルダウンから選択し(例:1時間)、[OK]をクリックします。
 37

8.ファイアウォールの項目が[オフ]になったことを確認します。
 
38

9.ファイアウォール機能を有効にするには、オフにする際に選択した期間の経過を待つか、
上記と同様の手順でファイアウォール設定の画面を開き、[オンにする]を選択します。

※設定方法に関する詳細なご質問はシマンテックにお問い合せください。

▲ページTOPへ


Norton Internet Security2009の場合】

 ※ファイアウォールを有効にすることで、ご利用のパソコンをウイルス感染から保護できます。

 ※MDPのログインが完了したら再度有効にして下さい。

 
 ※ポップアップブロックやセキュリティでMDPのサイトが許可されている場合は、全て削除して下さい。

 ※[インターネットオプション]の[全般]にある[閲覧の履歴]を削除し、PCを再起動しておいて下さい。


1.画面右下表示されるNorton Internet Security 2009アイコンを右クリックし、
Norton Internet Securityを開く]をクリックします。

 39

2.[インターネット]欄の[スマートファイアウォール]のアイコンをクリックします。
 40

3.ファイアウォールをオフにする期間をプルダウンメニューから選択し(例.1時間)、[OK]をクリックします。
 41

4.[スマートファイアウォール]の項目が[オフ]になったことを確認します。
 42

5.ファイアウォール機能を有効にするには、オフにする際に選択した期間の経過を待つか、
上記と同様の手順で設定画面を開き[スマートファイアウォール]のアイコンをクリックして[オン]に戻します。


※設定方法に関する詳細なご質問はシマンテックにお問い合せください。


▲ページTOPへ


ウイルスバスター2007/2008の場合】
 ※画面はウイルスバスター2008ですが操作は同じです。


 ※ファイアウォールを有効にすることで、ご利用のパソコ
ンをウイルス感染から保護できます。

 ※MDPのログインが完了したら再度有効にして下さい。

 ※ポップアップブロックやセキュリティでMDPのサイトが許可されている場合は、全て削除して下さい。

 ※[インターネットオプション]の[全般]にある[閲覧の履歴]を削除し、PCを再起動しておいて下さい。

方法1】パーソナルファイアウォール機能を無効にする方法

1.画面右下に表示されるウイルスバスター2008アイコンを右クリックし、[メイン画面を起動]をクリックします。
 (タスクトレイにアイコンがない場合)

 [スタート]−[(すべての)プログラム]−[ウイルスバスター2008]から[ウイルスバスター2008を起動]を選択します。
 43

2.メイン画面内の[不正侵入対策/ネットワーク管理]をクリックします。
 44

3.[パーソナルファイアウォール]にて[c有効]をクリックします。
 45

4.[ファイアウォール]の項目が[×無効]になったことを確認します。
 46

5.ファイアウォールを有効に戻すには、手順3の画面にて[×無効]をクリックします。
 [パーソナルファイアウォール]が[c有効]になったことを確認します。

【方法2】「ウイルスバスター2008終了する方法

 ウイルスバスター2008を終了すると、すべてのセキュリティ対策機能が停止します。

1.画面右下に表示されるウイルスバスター2008アイコンを右クリックし、[終了]を選択します。
 47

2.以下の画面が表示されたら[はい]を選択します。
 48

3.ウイルスバスター2008を起動するにはパソコンを再起動するか、デスクトップ上のアイコンをダブルクリックします。
 (デスクトップ上にアイコンがない場合)
 [スタート]−[(すべての)プログラム]−[ウイルスバスター2008]→[ウイルスバスター2008を起動]を選択します。

 ※設定方法に関する詳細なご質問はトレンドマイクロにお問い合せください。

▲ページTOPへ


ウイルスバスター2009の場合】
 ウイルスバスター2009のファイアウォール機能は、インストール時の初期設定で「有効」になっています。

 ※ファイアウォールを有効にすることで、ご利用のパソコンをウイルスから保護できます。

 ※MDPへのログインが完了したら、再度有効にしてください。


 ※ポップアップブロックやセキュリティでMDPのサイトが許可されている場合は、全て削除して下さい。

 ※[インターネットオプション]の[全般]にある[閲覧の履歴]を削除し、PCを再起動しておいて下さい。

方法1】パーソナルファイアウォール機能を無効にする方法


1.画面右下に表示されるウイルスバスター2009アイコンを右クリックし、[メイン画面を起動]をクリックします。
(タスクトレイにアイコンがない場合)
 [スタート]-[(すべての)プログラム]-[ウイルスバスター2009]から[ウイルスバスター2009を起動]を選択します。
 
49

2.メイン画面内の[パーソナルファイアウォール]をクリックします。
 50

3.[パーソナルファイアウォール]にある[c有効]をクリックします。
 51

4.[パーソナルファイアウォール]が[×無効]になったことを確認します。
 52

5.ファイアウォールを有効に戻すには、手順4の画面にて[×無効]をクリックします。
 [パーソナルファイアウォール]が[c有効]になったことを確認します。

【方法2】「ウイルスバスター2009を終了する方法

 ウイルスバスター2009を終了すると、すべてのセキュリティ対策機能が停止します。

1.画面右下に表示されるウイルスバスター2009アイコンを右クリックし、[終了]を選択します。
 
53

2.以下の画面が表示されたら、[はい]を選択します。
 54

3.ウイルスバスター2009を起動するにはパソコンを再起動するか、デスクトップ上のアイコンをダブルクリックします。
 (デスクトップ上にアイコンがない場合)

 [スタート]-[(すべての)プログラム]-[ウイルスバスター2009]-[ウイルスバスター2009を起動]を選択します。


 ※設定方法に関する詳細なご質問はトレンドマイクロにお問い合せください。


▲ページTOPへ

◆パスワードについて

que
 ・MDPシステムのログインパスワードを変更するには?
ans

1.MDPのトップページから[カスタマイズ]コンテンツをクリックし、[サブメニュー]を表示する。

2.[パスワード変更]→[MDPログイン]と展開する。
 55

3.[旧パスワード]と[新パスワード]を入力し、[パスワードを再設定]する。
 57

 ※再設定ボタンをクリックすると、一瞬画面が切り替わり元の画面に戻ります。
  この時、表示画面に変化が無いので分かりにくいですが、一度クリックするとパスワードの変更は完了です。

 ※セキュリティールームのパスワード変更は、セキュリティールームに入ってから同様の手順で変更下さい。

 ※ホームページからログインする場合の共通パスワード(Step-1-認証)につきましては法科大学院事務室にお問い合わせ下さい。


▲ページTOPへ

◆USBアクセスキーについて

que
 ・保存領域(REMOVABLE領域)について
ans
 容量の大きなデータ(特に音楽データ)は保存しないで下さい。データが破損する恐れがあります。

 ※データ保存する場合は、マイデスクトップポータルの[マイボックス]コンテンツをご利用下さい。

 60

▲ページTOPへ



que
 ・USBの取り外しができない
ans
 ■マイデスクトップは終了していますか?保存領域が開いていませんか?
  s全て終了してから取り外しを実行して下さい。

 ■時間をおいて再度取り外ししてみるか、パソコンの電源をOFFにすれば取り出しても問題ありません。

 ■マイコンピュータの取り外しを行う

 [マイコンピュータ]を開き、[REMOVABLE領域]・[CDドライブ]をそれぞれ右クリックし[取り外し]を実行する。

 61
 

▲ページTOPへ


その他のご質問はこちらへお問い合わせください。
helpdesk@mdpnet.co.jp

63

MDP CO.,LTD